筋肉痛になるメカニズム

筋肉痛が出来てしまうのは、激しいトレーニングにより、筋繊維が傷つけられてしまい、炎症を起こして痛みを発生させてしまいます。激しいトレーニングを行うほど、回復力が必要になり、また筋繊維が傷つけられた状態が続いてしまうために、痛みが続いてしまうことになります。そのためこの痛みを解消するためには、しっかりとしたケアが必要になるのです。

 
人間が筋肉をつけるためには、一度筋肉を破壊する必要があります。傷つけられた筋肉の繊維は、その衝撃に対して対抗するために、より太い繊維にして回復するのです。そしてまたこの筋繊維を破壊することにより、さらに強い筋繊維を作る、ということを繰り返すのです。そのためトレーニングをするたびに、筋繊維を破壊することになり、そして傷つけられた細胞は炎症を発生してしまうのです。そして回復を繰り返すことにより、どんどん強い筋肉を作ることが出来るのです。

 
このため筋肉を成長させるためには、この痛みを感じるという段階が必要になってくるのです。しかしトレーニング上級者の場合には、この痛みが発生しなくても、筋肉を発達することが出来るのです。厳密にはこの痛みが発生しなくても、筋肉を発達することはできますが、痛みはひとつのバロメーターになるのです。

Comments are closed.